まだ働くの?人は楽しく生きられるようになっている


by wakuwakujiyuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

仕事と自由な時間の逆転 「あなたは何者?」

自由な時間e0337434_11294694.jpg

余暇や休暇

退社や退職によって

起こった至福の時間

喜びもつかの間

なんだか落ち着かない

何かやっていないと苦しい

3カ月もすると限界

また働きたい

でも新しいところでは

通用しない

かといっても前の職場に

戻る訳にもいかない

アルバイト・パート・

臨時・派遣

何でも好し・・

働くのはいいこと

喜びを持ってお役割をこなしていく

働くことにしか自己重要感がない

存在すら危なくなる自由な時間の使い方

かえって自由な時間などいらない

ひたすら働く

家では嫁さんが不機嫌になっている

嫁さんのリズムも狂う

お互いがぎくしゃく

子供もぎくしゃく

ペットもなつかない

楽しみにしていた幸せな時間

余暇や自由

これまで自由な時間の使い方など考えてこなかった

考える必要もなかった

これからも考えるつもりはない・・・

働き・仕事をして自分の存在を見出したい。

勤勉で、仕事一本

仕事中毒

俺がいるからこの会社が回っている

俺が抜けた後など大変なはず

仕事をすることでの自分のより所

仕事=自分そのもの

働かないは怠け者

信じられない

前向きに再就職

これまでの自分を捨て新しい環境に適合し

喜びを分かち合って事に仕える

そうである場合は幸せで素晴らしい

ただ

働く時間だけが全てだけでは寂しさもある

人は多くのことを経験し

体験し

自分の想定しない出来事や

これまでに気がつかなかった自分を発見する喜び

仕事でしか自己評価が出来ない

自由な時間が苦痛

仕事の時間より自由な時間は耐えられない

その価値観

一抹の寂しさ

何か違うことへの挑戦

自由な時間を情熱を持って

その瞬間を楽しむ

自分で創り出す

大切なことは自分の内側から湧き上がるもの

ただの時間つぶしでなく

生きるための魂の喜びを大事にする

自由な時間がどうしていいのか分からない

自由な時間は怠け者の考え

働くことにこそ真なる価値

それも間違いでなく

それでよし。

生きる喜びは、自分としっかりと内観することによって

本当の自分が発見される

無理や我慢はいつかは病となっていく

真なる喜び

歓喜や至福

特に男性は陥りやすい

頑固で変われない

会社や団体での存在意識

共同意識の前に自分とは何か?

何が幸せなのか?

どう生きるべきか

働き蜂が理想なのか?

心の底からワクワクする時間

自由時間と仕事

自由を謳歌していた江戸時代

古代ギリシャやローマの哲学者は

経済的に余裕があってもひたすら働く現代人に

疑問を持つかもしれない

人生に満足

働かないことは自分の持つ内面的なエネルギーが必要

自由な時間を謳歌できる準備をする

自然体で自分を受け入れる

仕事を減らして

スローライフ

健康にも環境にも

自分や周囲にとっても優しい生き方

とってもエコで地球に優しいことかもしれない

強制ではない

心を開いて

宇宙でただ一つの命の軌跡を刻印する。

あなたは何者ですか?

「はい、弁護士です・・・」

「私は、調理師です・・」

「私は、税理士です・・」

いや、職業を聞いているのではありません・・・
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-09 06:30