まだ働くの?人は楽しく生きられるようになっている


by wakuwakujiyuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ほどほど仕事ライフ

何のために働くのか?

一生懸命に働くのは当然

働くことは生きていく上で必要なこと

働き労働し仕事をすることで

たくさんの体験や経験が出来る

自分ではやろうとは思わぬことも

人間関係もすべて学べる

奉仕の精神でもって自分が成長する

素敵なこと

もっともなこと

でも

体験や経験は、仕事だけではない

生きているだけで感じ取ることをで全てが学び

一体なぜ働くのか?

生活のため

生計のため

家や車のローンのため

借金返済のため

お金が生活に困らないほどあっても

財産を守り減らさないために働く

あっても足りない

増えていくほどに管理や保管やセキュリティで大変

減る恐怖は、増やすより不安定

働くとは?

本当に真剣に考えた事があるだろうか?

これだけ勤勉に会社や団体に誠意を持って

長時間働き

自分の存在価値や集団意識を共有し社会貢献してきた

それでもいつまでたっても幸せ感が薄い

金利も減って

給料も減って

物価は下がりながらも

景気は上向かない

年金も先延ばし

健康への不安が増え

老後の介護や

高齢化や医療費

先行きが見えない

先が見えない社会は不安や不満が蔓延する

働くことは素晴らしい

でも

働き過ぎると余裕が無くなり

自分の体と心が余裕が無くなると

自然と人に優しくなれなくなる

自然や他の物事に関心が行かなくなる

日々の繰り返し

雑務に通勤に借金に追われ自分の時間が激減する

目の前の一点しか見ない

観る余裕もなくなる

観ているようで観ていない

自分を客観的に観ることもない

他人や隣の人にも興味が無い

限られた人間関係と会社だけの価値観で生きる

盲目的?

視野が狭い

道端のお花に目がいかない

空を見ない

見るのはインターネットと携帯とテレビ

一元的な最低限必要なことだけ

ほどほどに働く

それは自分からの開放

勤労は美徳

必要なお金やモノを得るために一生働き続ける

スピードも落とさず

古い幸せ価値観のなかで幸せを求め続ける

少なく働き

ほどほどに働き

必要ないものに踊らされ

必要の無いもをを生産し続け

必要以上必要ないお金を追い求める

幸せの価値

ほどほど仕事ライフ

生きるとは働くことだけではない

少なく働き

幸せな自由時間を堪能する

ほどほどが好きだな~
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-09-27 07:53 | ワクワクお気楽自由人