まだ働くの?人は楽しく生きられるようになっている


by wakuwakujiyuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 24 )

感受性の高い若い世代の変革

脱会社

脱社会

脱古いシステム

脱支配

脱自分

脱常識

脱借金

脱嘘やごまかし

脱病気

脱薬

脱不安や恐怖

脱いじめ

まさにチェンジ

生き方の転換

自然回帰

息が詰まる生き方の限界

自分の体と心のバランスが崩れ

悲鳴とも思える感情が抑えきれず

自分らしく生きたい

現実と理想

幸せが薄い

楽しくない

遅くまで働いて朝早くからまた働く

週末の休みでは疲れはとれない

自分の生き方やライフスタイルの疑問

このまま終わってしまうのか?

繊細でピュア

折れそうな心

社会不安

デタラメな情報や恐怖を煽るニュース

若い人々はこの社会の現実を喜べない

安定志向で公務員になることがせめて目指す安心

将来不安

就職難

安心して生きたい

安定したい

楽しそうでない大人たち

夢と希望が見いだせない会社人間

的確に感じ取る歪んだ社会構造

我慢比べで生きているような窮屈な大人

信用が出来ない

あんな大人にはなりたくない

夢が持てない

挑戦するとリスクが高い

失敗が怖い

将来の不安が膨らむ

「就職先が無い」

「辛そうに働いているおとうさん」

「長時間労働や通勤が嫌」

「楽しそうでない」

「失業が怖い」

「お金のことでいつもケンカしている」

敏感な世代の思春期世代

縛られた、拘束された不自由な社会に放り込まれる恐怖

働く時間を減らして給料が少なくても

自由な時間が欲しい

煩わしい人間関係はいや

先輩や先生や親からいい話は聞かない

脱会社

もはや止められない

でも、受け皿すらない

時代は労働時間より自由な時間をチョイスする若い世代

就職したが違和感があり窮屈な社会を見切り

自分の生き方を本気で考えている

感性はあっても経験が少ない若い世代

自由を求め彷徨い

喜びや楽しみをもって働いている大人や

自分らしく生きている大人たちが皆無に近い

これからのトレンドは自由時間

楽しく幸せに生きている大人たちを見つけている

探している

ワクワク生きる人生でありたい

大人たちはお手本にならない

脱会社で新しい価値観が生まれてきている

古いシステムの終焉が迫っている。

常識の壁を壊していかないといけない

大転換期でもがき

模索する若者

答えを出せない大人たち

好転させるのは若い世代から始まる

大人の真似では幸せは来ない

変われない社会

脱会社

就職

洗礼された若い世代が日本を変える

負けてはいられないね・・・

現実は甘くないと安定を求める若者との二極化

大人社会は未来の若者のことを考えていない

考える時間すらない

一番混迷しているのは変われない大人

それを見て育った若者は

夢や希望が持てなくなっている

こんな社会では未来がない

人にも自然にも優しい循環社会

まずはこれまでを手放す・・・
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-11-15 06:38
生きていくうえで本当に必要なこと

今もなお突き進むエゴむき出しの社会

それは会社・団体・企業・公務員・事業

雇用といった概念から来る仕事や労働によって

生活費を稼ぐため

老後のための蓄財

健康不安のため

お金持ちになるため

他人から成功を見せつけたい優越感のため

勝ち組になるため

誰よりもお金を儲けたい

ファンド・株・土地ころがし

古いシステムや価値観のまっただ中

働いても働いても見えてこない時代

頑張って頑張っているけれども

将来の不安を考えるとじっとしていられない

自分だけは失業したくない

自分たちの会社や組織だけは生き延びたい

どんな手段を使っても構わない

落ちこぼれにはなりたくない

破産・生活保護なんて恥さらし

人間のクズとしか思えない

ホームレスなんて生きている価値が無い・・・

人間よりお金が優先

会社や経済が優先

自然破壊より儲かるプロジェクトが優先

弱肉強食で食われる方が悪い

騙される方が悪い

うごめく悪魔のような悪循環

ごく一部の支配層だけの経済発展

内部留保と蓄財とマネーロンダリング

人は家畜のようなもの

人はとことん働かせ

適度なレジャーや趣味だけ与えておけばいい

病気や怪我をすれば辞めてもらえ・・・

支配側に都合のいい情報だけを流せ

逆らうやつらは圧力をかけてしまえ

これまでの価値観

失業・リストラ・解雇・クビなどの一方的な宣告で

人生が終わる

家族は路頭に迷い

家・車・趣味などのローンが残り

破産

もしくは、夜も寝ずに過酷に借金返済

家族離散

夫婦離婚や別居

失業は人生の墓場

自分の存在の否定

闇に覆われる恐怖の宣告・・・

その古いシステムでの価値は、労働者は奴隷

そう刷り込まれてきた常識

はたして本当にそうなのか?

失業=自分の存在否定

失業=社会の脱落者・落ちこぼれ・負け組

失業=人間失格

どこまでもしがみついて

白を黒といって自分に嘘をつき

一元的な価値がすべてと思いこんでいる

生きるとは?

働くとは?

生活の質とは?

人生の喜びとは?

家族の幸せとは?

いつも怯えていくる生き方でなく

喜びあふれる幸せで楽しい人生とは?

生きていくために必要最低限のモノや価値とは?

自分や家族が住める家

自分や家族が食べられるだけの食糧

ほんの少しのエネルギー

心許せる仲間

生きていくに本当に必要なこと

失業=人生墓場?

支配され使用され服従され、やんわり強制

長時間労働

通勤地獄・・・

心の奥底でいつも夢見ること

ほどほどに働き

自分の趣味や楽しめることだけをして

信頼できる仲間と笑い分かち合う

美味しくご飯を食べて

恋人

家族

ペット

植物

調和され

自然に優しい

循環社会

雇用されることでなく

必要なだけ働き

必要な食べ物だけ確保し

あとは自由時間を楽しみ

自分のワクワクすることをやって

お金もそれほど必要が無くて

アートや芸術

歌・詩・絵・ダンス・踊り・ストレッチ・ヨガ・スポーツ

散歩・ジョキング・体操・おしゃべり・昼寝・農作業

動物やペットとの触れ合い・お花鑑賞・遊び・探索・・・

お金もほとんどかからない

ゆるゆるとした生き方

自由な時間を大切にした生き方をする人が増えると

失業者という言葉が無くなっていく。

失業は、人生の価値を見直すチャンス

準備をしておくと怖くない

恐れるものは何もない

怖れを煽る教えや教育や常識から脱却

過去のバブル崩壊で学んだはず・・・

変わることを恐れず

人は幸せに生きられるようになっている

自分の新しい生き方こそ幸せを運ぶ

幸せな循環を創りだせば恐れるものは無い

失業もリストラもない。
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-11-05 06:07
自由な時間の過ごし方

あり余った時間

自ら進んで計画して脱仕事中毒

行き詰った社会生活からの開放

今の職場が楽しくない

転職を何度かしても結局は同じ悩みや疑問がある

人間関係が面倒くさい

仕事内容は好きだが、上司や同僚や部下との関係

将来性の無い会社

足の引っ張り合い

この会社でしか通用しないの常識が価値と信じる盲目

ストレスによる息苦しさが増す

強いストレスからの開放を望むが

一体どこに向かって進んでいけばいいのか?

自分の幸せ優先?

家族全員の理解?

やりたいことが実際に出来ない

収入の問題

田舎暮らしをしたい

古民家でも借りて楽しく仲間と暮らしたい

海外へ移住したい

とにかく仕事が辞めたい

自分に自信が無い

考えると何もできない

リスクがある生き方は不安でいっぱい

思考するといつしか弱気

自分の心の叫びよりも計算

ならば現状維持で生きるしかない・・・・

様々な事情によって自分を誤魔化し生きるのがほとんど

世間体ばかりが気になる

自分が自分らしく生きるために必要なこと

自分で創り出し楽しむ生き方の実践

現代の日本人は一番キツイテーマ

自分で想像することはできても

実際に行動し、自分で創り出す自由時間は

日頃から訓練をしていないと、3ヶ月もすると耐えられなくなる

自分の時間を想像し創造する

仕事を減らし、遊びの時間の過ごし方

誰かから命令されたり、強要されたりでなく

一番苦手な自分が創り出す創造性

その壁は想像以上に高い

自分の創造性発見の原則とは?

①今、この瞬間を楽しむ

②これまでの常識を捨てる

③人の真似をしない

④孤独にならない工夫

⑤自立し依存や執着から脱却

⑥不安が襲ってくるので前向きな言葉を発する

⑦自由な時間が増えるとネガテイブなことを考えてしまう

 ことがあるので自分に言い聞かす(自分洗脳)

 言霊(幸せだ・ありがとう・感謝・嬉しい・楽しい)

⑧ワクワクする方をチョイスする

⑨人に合さない、いい人になろうとしない

⑩自分がワクワクすることだけを徹底してやる 

⑪人目を気にしない強さ

⑫自分なりの解決方法を見つける

 見つかるまで時間がかかっても自分でやる

⑬常に自分の内なる声を聞けるように素直になる

⑭自分の考えを徹底的に分析 ノートに書き留める

⑮自分の考え方の癖を知る

⑯常識やルールを取っ払った考えを実践する

⑰起こる問題や疑問をチャンスとする

 様々な解決方法を自分なりに探る

⑱バカげたことをやる リスクをあえて冒す

⑲理性的にならない 

⑳頑張らない

⑳これまでやらなかった事をする

 お金がかからず楽しめることを実践する

 絵・イラスト・作詞・作曲・歌・ダンス・踊り・小説・ヨガ

 気功・瞑想・ストレッチ



創造力こそ自由な時間を快適に自分らしくワクワクさせるもの

慣れるまでは苦痛の時間となる

余暇やフリーな時間は、自分の内側から湧き上がってくる

感情や思いが何よりも重要

インスピレーションであり

イマジネーションであり

童心に戻り、遊び心を蘇らせる

思考でなく感じる

次々と湧きあがってくるほどになると自分本来の輝きとなる

すべての創造性は自分の中から放射する

子供心

子供は遊びの天才

大人は縛られた常識や道徳性など思考する

個人差はある

10年経っても出来ない・・・

創造するは実は想像するより手強い(笑)

また、元に戻りますか?

すべては自分に委ねられている

誰も強制しない強要しない

人から命令される生き方は楽な現代人

自分で決められない

自分がどうしたいか実践すると分かっていないことが多い

自分を発見

奥が深い想像し創造する世界

だから楽しい

終わりはない 
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-10-25 05:44

仕事中毒と経営者

仕事一本で生きろ

仕事中毒で頑張れ

働き蜂のように

労働は美徳

働け!働け!

安い賃金で働け

残業はサービス

俺たち会社や企業が全て

従業員の家庭のことまでは知らない

まずは、会社が生き残ることがすべて

内部留保を増やせ

儲かっていることを余り知られるな

自由な時間は要らない

経済危機

会社の危機

首切りや解雇で脅し

恐怖や不安を煽ってとことん働いてもらう

家のローンもあるだろう?

転勤で単身赴任で家族が離れ離れ

お父さん不在での家庭内でのトラブル

居心地の悪いお父さん

会話が無く

毎日疲れ切って

休みで行楽も渋滞やら日頃の疲れで過酷

従業員の家族は大事と口では言っても

その過酷な労働は、従業員を減らし

アルバイト・パート・派遣を削り

正社員はとことん労働を強要される

よりいっそう自分の時間などない

仕事で疲れ

プライベートで疲れ

心と体が極限に疲弊

暴飲・暴食に走り

魔がさして、浮気や犯罪に手を染めたり

自暴自棄になったり

心の病

体に病を抱え

それでもひたすら失業や解雇を怖れ

自分の心の叫びを封印し

ひたすら働き続ける

一向に上がらない賃金

会社は明らかに儲かっているはず?

裏帳簿がある・・・

支配側と支配される側

この2極

大手の企業は癒着構造で利益を上げ

中小企業は苦渋を味わい恩恵が無い

目まぐるしい労働条件の時代

リラックスした環境下での労働でなく

いつも不安を抱え

ひたすら働くことで自分を阻止殺す

多忙の中で人々はバランスを崩し

小さなミスを繰り返す

過酷な労働環境によって小さなミスの積み重ねで

いつしか信用や生産性を落とす

そして取引先へも波及する

過労させ、労働条件の締め付けで得をした気でいる経営陣

そのツケは、取り返しのつかない事態に発展する

将来性

伸びる会社や企業

そこには、働く人々の独創性や柔軟なアイデア

自由な時間の中で開花する

生産性ばかり

利益ばかり

従業員の家族や健康のことを気にかけず

気にかけているふりではなく

仕事こそ一番

仕事にだけ目を配り

働く一点に人生を捧げ

それ以外の支えている家族や仲間をないがしろ

自分の自由な時間

心から休まる時間

余暇を楽しめる時間

生きている喜びを感じる時間

ひたすら働き

サバイバル

生き残り

燃え尽きてしまう

ラットレース

そんな環境からの脱出

良き経営者

歴史の長い会社

欧米スタイルの経営陣と株主にだけ利益をもたらす経営

古き良き日本の和をもって奉仕する精神

働く従業員や家族が一番大事

取引先やお客様が二番

自分達経営者は三番

従業員にも愛される会社

お客さまに喜ばれるか会社

日本には世界に類を見ない長寿の会社が数多く存在

その経営者を見習う時代

忘れた日本の素晴らしさ

和・調和・循環・思いやり・優しさ・おもてなし

お金儲け

株価

目に見えるモノ

価値観のシフト

従業員の健康を損ない

家族との関係性の悪化

長時間拘束の弊害

大切な時間の削除

楽しむために幸せになるために

そう信じて働き続ける

もうそろそろ間違った価値観から目覚めないといけない

立ち止り

自分の幸せ

自由な時間

再確認する必要があると感じます・・・

緩めて自分を許す

自分を受け入れ

自分を知る
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-10-15 06:45
あなたは誰ですか?

「はい 学校の先生です」

隣のあなたは誰ですか?

「はい 公務員です」

その隣のあなたは誰ですか?」

「はい 税理士です」

その後ろの方は誰ですか?

「はい 医者です」

あなたは誰ですか?

それはイコール職業を表す

あなたは現在やっている仕事が貴方ですね!

職業が貴方ですね!?

あなたの人格や全てが仕事で何をやっているか?

それが貴方ですね?

その職業を取り除くと誰ですか?

仕事があなたで

働いている仕事内容や種類が貴方ですね?

間違いないですね!

・・・

あなたは誰ですか?

この質問ほとんどの人は、職業を言うといわれています。

自分のやっている労働や

報酬を受けている仕事がその人ということ

その人の個性が職業ということ

仕事こそ人生のすべてであり

自分の価値

存在意義は自分の職業が最重要とされている

あなたは誰?

職業をはずして質問をすると

その答えは全ての人が困惑

質問する側も

職業や仕事や働いて報酬を受けていることを重点に聞く

双方ともに職業がその人の全て

人生のほとんどを仕事に専念

あなたは誰?

その質問で仕事以外での自分を表現する

仕事は、報酬を得て生計を立てるためのもの

いや、この仕事が大好きで世の中のためになる

プライドを持ってやっている

家族経営で歴史のある老舗なので

生まれた時から生活そのもの

先祖代々引き継がれた技術を継承している人

お金を稼ぐだけでない価値観の人

お金を稼ぐための手段の人

ローンや事業資金の借金を返すための手段の人

やりたい仕事が見つからないけど生活のため

働く必要が無いけど何かしないと落ち着かない人

自分のお役目の人

天職だと思って働いている人

いつの間にかやっていた仕事

これ以外はできないと思っている人

あなたは誰ですか?

あなたは職業が貴方ですね?

あなたの人格や

あなたにしかない個性や

あなたにしかない魅力や

あなたの仕事以外での活動や

あなたの家庭でのお役割や

あなたの趣味での活躍や

あなたの仕事以外で接する人やお花や動物に

どう接していますか?

あなたの仕事以外で感じている喜びはなんですか?

あなたの仕事以外で貢献している社会活動はなんですか?

あなたのお友達が困った時はどうしていますか?

目の前で知らない人が病気や怪我で倒れたらどうしますか?

あなたは誰ですか?

仕事や職業や報酬を得るためのあなただけでなく

仕事=自分

仕事=自分全て

仕事=個性

仕事=人格

仕事=社会性

仕事=生きている意味そのもの

仕事=生産性

仕事人間

仕事一本

仕事が全てを優先

仕事であればいい訳ができて許される

現代社会は仕事な何よりも優先

勝手に自分都合を優先すると会社や取引先

お客さまに多大な迷惑がかかる

その任務で恩恵を受けていることも間違いが無い

電車や公共の乗り物も正確に動く緻密さ

経済的にも問題ない人、

天職であり最高に幸せ感じている人

奉仕の精神で崇高な仕事としている人

私しかできないことをしている人

そんな人には関係が無いこと・・・

あなたは誰?

会社や組織や団体に属し、そこでの価値こそ人生

そこでの評価こそ自分そのもの

仕事=全人格

仕事以外の自分は「おまけ」

失業・リストラ・解雇・倒産・破産などで

いきなり全てを失う価値観

この時代は、いつどこで誰でも起きる事実

あなたは誰?

職業でなくて

あなたの職業以外での活動や考え方

そして態度や言動

職業はあくまでもエッセンス

本質は、素のあなた

すべてを取っ払ったあなたそのもの

職業を聞いているのではなく

その情熱

その優しさ

その誠実さ

その責任感

その思いやり

その謙虚さ

その人間らしさ

その愛

そのおもてなし

その勇気

その平和の心

職業ではなく

仕事の事でなく

労働内容でなく

あなたそのものこそ本質

職業で差別や区別

給料や報酬の高さで比べることでなく

その人の内なるお人柄や愛や調和の心

楽しくワクワク生きている生き方

あくまでも仕事はエッセンスのひとつ

あなたは誰?

私は誰?

私はワタシ

仕事はご縁

あなたは誰?

仕事以外での価値を知ることが大切に思います

いかがなものでしょうか?

私も答えを探そう・・・

日本人は働き者だな~
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-10-10 16:22
生活の中で占める割合

労働・仕事を極力減らし

よく遊び 

自由な時間を

自分のワクワクする

趣味や活動にあてる

仕事からできるだけ開放

仕事から逃げることでなく

リラックスした心

リラックスした脳

心とカラダが喜び

いつしか時間が過ぎる

大好きなお絵かき

大好きな音楽

大好きな庭いじり

大好きな語らい

大好きな読書

大好きなペットと遊び

大好きな手料理

大好きなダンス

大好きなSEX

大好きなゲーム

大好きな旅行

大好きなつり

大好きなヨット

大好きな折り紙

自分が今、一番ワクワクすること

お金をかけなくても

お金をかけても自由

その心豊かになる時間こそ

健康的な時間

血流もよくなり

体も緩む

笑顔や喜びが表情に表れてくる

アルファ波が心地よい脳細胞を活性化

肉体も精神も健康

イライラも減って

いつしか人に優しく

いつしか至福でお腹がいっぱい

仕事中毒なころには味わえなかった充実感

必要以上の労働

当たり前に思っていたこと

最低限の生計が維持できるのであれば

自分の幸せに生きる生き方を実践

初めは勇気がいるけれども

それがこれからの常識となるならば

眉間にシワよせて

いつも何かに不安と恐怖と怒りがあった頃が

一体なんだったのか?

そう思う日が来るかも知れない

よく遊び ほどほどに仕事

心と体が喜びを持って生活することで

柔軟なクリエイティブなアイデアがふと湧きあがってくる

誰しも持っているヒラメキ

そしてインスピレーション

次なる幸せ引き寄せる

楽しくて

次々と溢れだすヒラメキ

くたびれた心や体からは

負のエネルギーしか起こらない

いつも自分の内側から放射される

もう 後戻りはできなくなる

ワクワク お気楽自由人

真似してはいけない!(笑)
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-09-20 06:30
e0337434_1763221.jpg

あのセンセーショナル訪日

思い出すと今も心が洗われる

小国で決して経済的に豊かでない国

雷龍の国ブータン共和国

第5代の

国王ジグミ・ケサル・ワンチュク

王妃ジュツン・ベア・ワンチュク

お二人の来日で、忘れかけていた

大切な心

日本人の魂が蘇った

心洗われた爽やかで学ぶことが多かった来日

国王の礼節や発言には心を打たれ

福島も訪問した

経済的にも日本との関係が深い

日本人と似た顔立ち

日本人のルーツかもしれない・・・

人口70万人

九州ほどの国土

GDPは約$2000と経済的には貧困となる

しかし、国民総幸福量(GNH)が世界一とされる。

1972年度から提唱された目安

GNPだけで観ると過酷な状況

「世界一幸せな国ブータン」を掲げ

「これまでの経済優先の原理を信用していない」

と国王は言う。

アメリカ・オックスフォード大学や、タイの大学で

政治学を学び国民の幸せの価値を経済だけでないことを

実践し、取り入れている。

世界一幸せな国ブータン王国

国民総副量GNH

心の幸せの国は、人口の9割が農業や放牧業で生計

自給率は100%

自給率は大切な項目

日本の40%切って、さらにTPPによって減っていく自給率

値段はコントロールされて、自国民の食糧を他国によって牛耳られる。

そのつけは大きい

品質も・遺伝子組み換え・狂牛病なども再発の可能性もはらむ・・・

主なる穀物が輸入されない事も起こる。

ブータン国も過去には問題を抱え乗り越えてきたのです。

国王の暗殺

インドとの軋轢

貧困や食糧難・・・

ブータン王国の発展に関与した人物が存在する。

それが「ブータン農業の父」といわれ

「最高に優れた人」として国葬まで行われた

日本人の「西岡京氏」1992年没

1964年に渡り、農業の指導を行った

まさに骨をうずめた日本人で「国の恩人」とされた。

そんな崇高な精神性を持ち合わせた日本人がいたことを

忘れてはならない。

過酷な環境で山岳地帯での農業の指導

自給率100%で世界一幸せな国造りの根幹

今、日本はGNPからGNHにシフトしないといけない

喉元過ぎると忘れてしまう

ブータン国王と王妃には、心も動かされた

又の来日が期待される。

その一方で、アベノミクスやGNP上げることに躍起

明らかに古いシステム

偏った財政投資

大企業だけ潤う

何処までも抜け出せない・・・

GDPを上げると幸せが訪れるのか?

実体の無い数字だけでのカラクリ

怪しげな産業構造が景気がよくなる

軍需産業・原発関連・エネルギー・医療や医薬品などの経済効果で

自然とアップするGDP

天然資源を掘り起こし、環境破壊をして

水・空気・森林破壊へと突き進む

原発再稼働でエネルギーを蓄積できないので夜中も発電する

24時間明るい「光害」を助長させ

不自然な生活によって、心と体のバランスを崩す

24時間働き

体内時計は狂い

健康とは言えない生活が蔓延する

煌々と輝く光の光害で植物も眠れない・・・

GNPを上げる政策でなく

GNH(国民総幸福量)を主眼とした生き方が求められる

人は皆、本当の幸せを求めている

一部にしか渡らない紙キレを追い求めても

いつかは弾ける

幸せは、自給できる食糧

フリーエネルギー

助け合いの精神

ブータン王国は、素晴らしい見本となる

その礎に大きく関与したのは日本人

私達は、誇りに思わなくてはいけない

富への価値観

外からやってくるものでなく

内からやってくるものこそ永遠

多くのモノを所有しても本当の幸せは得られない

のんびりゆったりと暮らし

他人であろうが誰であろうがおもてなし

95%が幸福と答えたブータン王国

日本人はどう回答するでしょうか?

追い求めるモノが間違ってはいないか??

幸せな時間の過ごし方

生き方

古き良き日本にはあった

いつしか崩壊していった生活

呪縛から目を覚ます時かもしれない
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-09-13 06:30
e0337434_11394082.jpg


ドロップアウト

社会から抜け出す

追い出されたのではなく

脱出

失業・解雇・首切り・

倒産・破産・派遣切り

強制的に社会から退去?

自発的に退去?

おかしな社会の構造?

事業の失敗?

復活するまでの時間

心の穴

家族との決別

社会不適応

脱落

勝ち組 負け組

どん底

将来に失望

騙された

傲慢だった

計画が甘かった

一方的に辞めさせられた

自分から飛び出した

非人間的扱いに疲れた

財産を失った

身内から愛そをつかされた

自分の責任で全てを背負った

格好が悪い

知り合いに合いたくない

何処か遠くへ逃げたい

生活保護なんてみっともない

プライドがズタズタ

生きる意味が分からない

心が折れた

心の病

体の病

歪んだ冷たい社会

あえてこそ生活を抜けだし、

人間としての価値ある生き方を見つけたい

このままの仕事の奴隷は嫌だ

お金より自分の時間

強制労働

理不尽な労働

意見を聞いてくれない

頑張ると幸せになると信じていたのに

就職して知った 会社社会の不自然

白を黒と言わないといけない

本音が言えない

将来に希望が持てない

保身に躍起にならっている人々

リスクを恐れて責任転嫁

労働報酬をもらうために必要な大切なものが失う

世間体ばかりを気にする

体調も思わしくない

休みも楽しくない

通勤も辛い

いい人ぶらないといけない

一体自分が誰なのか

過酷に働き、一日12時間労働

残業はつかない

出世しても上司を見ると可愛そう

仕事の質より、働いた長さ

そんな暮らし

そんなことがしたくて働いているのではない

自分からドロップアウト

名誉なドロップアウト

人間としての尊厳のためのドロップアウト

いろんな理由で職を失う人々

負け組?

異った間違った価値観の社会や一般常識

全ての人々が恐怖にさらされている

強制退場させられたドロップアウトの人々

やる気があろうと

人間的に立派であろうと

人に優しく頑張りやさんであろうと

家族のために必死でやっていたのに

お金のことだけで全ての信用を失う

そんな社会に何時からなったのか?

助け合いの心

困ったらお互いが応援し合う

経済優先

お金が優先

財産を没収され

先祖の大切な財産も没収され

価値の無い人間と世間から観られ

明日は我が身

その恐れが蔓延

ドロップアウトは、人生が破綻?

終わり?

ダメ人間?

クズ?

そんな刷り込まれた常識

大家族の時代は、家族や近所で面倒を見た

人は誰しも経済的にキツイ時がある

太古は労働や仕事という概念すらない時代もある

現代でも自然と暮らす人々は助け合って生きている

お金を稼ぐことでないと生きられない社会

お金が中心

雇用さえれなくなると全てが終わりと思いこんでいる

少しの食べ物と寝るところがあれば生きられる

過疎化が進む日本の古民家は空き家

空き家多い都会の住宅

借金背負い、ローンを組んで人生の担保を取られ

払えなくなった途端に強制的にアウト

その社会システム

人に優しくない仕組み

それに準ずる人々がそう思っている教育や常識

挑戦しない方がいい

事業をすることでリスクとなりドロップアウト

復活すら過酷

借金漬けで人生がんじがらめにされる・・

借金返済で過労で心と肉体が酷使

責任感が強い人

けじめをつける

昼夜働き

ガンバリ屋がさらに頑張り自分を見失う

自分の幸せな時間より債権者への支払い

お金を持った者こそ勝者

稼ぎ続け

どんな手段でも儲けなくてはいけない

嘘や不正や改ざん

従業員に無理を押しつけてでも

潰れるリスクは人生の墓場

復活はよほど出ないとこの社会のシステムでは厳しい

ドロップアウト

人それぞれのドロップアウト

脱落者でななく

欠陥人間ではなく

一元的な価値観だけで起きた社会の歪の犠牲者

勇気あるチャレンジャー

優しさが仇となるおかしな社会

ドロップアウトした人は慎ましい

如何にお金をかけないか

お金が無いからだけでなく

無駄をしない

資源を無駄使いしない

環境も汚さない

食べ物を捨てない

必要最低限のもので生きている

人をだましたりしない

現代におけるドロップアウト

自分の時間を持ち

自分や社会の裏側を知り学び

失業したくないと同量を蹴落とし

お金や財産のためだけに汚れていく心より

勇気あるドロップアウトで自分を知る

闇を知り

誰よりも苦悩し

誰よりも惨めさを知り

誰よりも心に深い傷を負い

誰よりも幸せを願い

どん底と思われる人生体験をして

世間の目などを極度に気にしながら

足を引っ張り合う生き残り社会を抜けだし

その体験や経験は測り知れない

人はゴミではない

そう見える自分の心こそゴミ

小奇麗にしてお金があって

人を人と思わない金持ちの方が

遥かに人間的でない

それに同調する人々も同罪かもしれない

ドロップアウトは加速する

環境に優しいエコに向かう

心の汚れが取れることによって・・・

争わない

競わない

蹴落とさない

無駄をしない

騙さない

盗まない

強制しない

モノを大切にする

自由な時間が出来る

あとはどう使うか・・・

ペンと紙があればアーティスト

歌をつくってアーティスト

踊ってアーティスト

詩を書いてアーテイスト

ゴミを拾って環境に優しい

お金がかからない

ドロップアウトはエコライフへ向かう
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-09-06 06:30
芸術家e0337434_11372756.jpg

アーティスト

天才と言われる人ほど

働いていない

働くという概念でなく

好きなことをとことんやる

一般的にはリスク

生活できる保障などない

変人扱い

バカ呼ばわり

家族から理解されない

非常識

ワガママ

かって

一般常識で生きていない

しかし、

何かを達成する人は怠け者

できるだけ、避ける労働

好きなことをやっているから

労働ではない

報酬は必要な時があっても

苦しくて辛い生活であっても

就職や労働を選ばない

常に自由な時間を求め

自分らしい生き方

理解されにくいことかもしれないが

自分を生きる

今この喜びやヒラメキや縛られないことを優先する

好きなことをやり続ける

どうやって生活しているのか?

どことなく応援者がいる

それだけに魅力的な存在

引きつける何かがある

時折ストイックに長時間没頭するが

強制的な労働でなく

自分時間を堪能しているので苦しむことは無い

労働時間に苦しむと言ったことは無い

没頭している時間こそ幸せ

時間の概念も超越

趣味や大好きなことは誰しも同じ

ただ違うのは、自分の時間をできるだけ他人から支配されない

自由時間を選ぶ

経済より自由な自分がワクワクする方を選ぶ

クリエイティブを極めた人は働かない

働かないから何もしないでなく

自分の中から湧き上がってくるものに反応する

インスピレーション

ヒラメキ

感じたままに

思考せず

その一瞬にエネルギーを出す。

一年間湧き出ない

二年間何も出ない

そんな中でも自分時間を大事にする

心の毒も吐きだす

時折ヒステリック

どうしようもない暴言

それも人間の持つ光と闇

振り子の振りが大きいだけ

遊んで暮らす

リラックスを知っている

無邪気に生きる

子供のよう

非効率とも思える生き方は

決して非効率とは限らない

誰かの真似でなく

コピーでなく

全てが自分の内面から発生する

宇宙の空間に存在するインスピレーションと繋がる

お金はかからない

心地よいアルファ波の中でヒラメキは起こる

クリエイティブを極めた天才

天才といっているのは他人であり人の評価

天才と言われる人は自分を生きている

自分を100%生きている

リスクなど余り気にしない

洗礼されたアーティストは守られている

人生を楽しむ

悲しいこと

辛い出来事

すべてを受け入れて生きている

働かない?

働く概念の違い

脳や心や魂はいつも働いている

感じている

愛すべき存在

人間は全ての可能性を秘めている

素直に生きるか

世間の顔色を伺って生きるか

自分次第
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-30 06:30
e0337434_11351894.jpg


近代史

産業革命以来

欧米列強

工場生産

大量消費

拡大拡張経済

雇用支配と

雇用支配される側

近代の関係性

私達は子供のころから

教え込まれた教育

その価値

戦後から加速していった雇用

それまでは農業が主

自分のお家の畑で

自分の家族が食べる分を作る

トイレの肥えを

野菜にかけて微生物が土を元気にして

栄養価の高い循環農法

農薬などない

化学肥料などない

健康的な力強い栄養価の高い野菜を食べて

メタボや癌などほとんどない

欧米化?

GHQの支配下で激変した日本の農業や教育

戦争に負けて

すっかり骨抜きされ

いつしかひ弱な外交能力もない

決められない

優柔不断

コントロール支配される日本となってしまった・・・

戦後復興で果たした日本人の団結力

日本人の遺伝子には、イザとなるとまとまる

大和民族の結束

空気を読む

わびさび

その外国には無い国民性が開花

ただその後は行きすぎた?偏った?

現在では限界点とも言える様々な問題が噴出

軍拡・事件・事故・劣化・過労・ストレス・病・見えない将来

人口減少・食糧問題・自給自足率・水資源・領土問題・TPP・核武装

不正・政治不信・人間関係の崩壊・原発・放射性物質・汚染・地震

感染症・情報操作・為替・食の安全・外交・規制・いじめ・高齢化

医療費・薬漬け・薬物の蔓延・憲法改正・国体と国政の溝・倒産

生活保護・失業・監視・管理・借金・不法逮捕・国民ナンバー制・領土

臨界点に達している現代社会

現代人は過労

日本人はもっとおおらかだった

空気を読む力、優しさ、思いやり、近所との助け合い

外国からの訪問者たちは、日本人の素晴らしさに感服

芸術性に優れ

武士道精神があり

大和撫子なおひとやか

強さと柔軟さと、小食でも強い肉体

子供をたくさん産める体

社会全体で子供の面倒をみる

そんな良き時代は、戦後変貌し

気がつくと心も体も脳みそもコントロールされていった

近代日本の教育

科学以外は信じるな!

余計なことは考えず、ひたすら真面目に働け!

働けば働くほど幸せななれる!

経営者の言ったとおりにしておけば給料も上がる

右肩上がり

労働によって幸せが得られる

そう信じてきた

現実、高度成長でモノがあふれ物質的な豊かさ

交通の便利

食料品や家電など物質は充実

同時に公害

通らなくてはいけない便利

恩恵を受けたのは間違いない

働く時間が増えて自由な時間が減って

いつしか家族関係も激変

核家族や1人暮らし高齢化

他人に干渉しない

心の疲弊で心の病や自殺

これまで信じてきた常識や掟やルール

正しいと信じていた道徳

そのデタラメであった近代の常識が変わろうとしている

目覚めようとしている

目覚めかかっている

何かおかしい・・・

幸せとは?

政治主導?

置き去りにされた心

働き過ぎて、忙殺されて

日々を、ひたすら働き

自分を立ち止まることすらできず

余暇さえ罪悪感にかられ

自由な時間など皆無

お休みも最低限やることやって自分を見つめる時間すらない

人々に考える時間を与えない

考えるな、ひたすら働け

余計な事するな

言われたとおりにしろ

これは、もはや奴隷

人間の家畜化

少しのレジャーや趣味や遊び

自由な時間をワクワクしながら生きる

そんな時間は皆無

限界で病気

大らかな日本人はどこへ

芸術文化の発展は、豊かな自由な時間の中からでしか

発生しない

そのインスピレーションは

酷使された肉体や魂では受信できない

心の復活

魂の復活

芸術や文化

余暇の質の高いところは芸術文化が豊か

自由な発想

人間はみんなアーティスト

個性豊かにできている

同じ行動をしてロボットのように働き続ける

金力・権力・情報・武力・弾圧・規制・服従・個性の否定

自由に見せかけた奴隷化・家畜化

目覚めて

自分の本当の幸せとは?

ワクワク人生

お気楽自由人

自分の開放

今、とても必要と感じること

新しい幸せなで人間らしい生き方の時代

楽しく幸せに生きられるようになっている

自分時間を創りませんか?

再復活は日本人の精神性

もっとも有効な輸出できる崇高な精神を!
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-23 06:30