まだ働くの?人は楽しく生きられるようになっている


by wakuwakujiyuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

芸術家e0337434_11372756.jpg

アーティスト

天才と言われる人ほど

働いていない

働くという概念でなく

好きなことをとことんやる

一般的にはリスク

生活できる保障などない

変人扱い

バカ呼ばわり

家族から理解されない

非常識

ワガママ

かって

一般常識で生きていない

しかし、

何かを達成する人は怠け者

できるだけ、避ける労働

好きなことをやっているから

労働ではない

報酬は必要な時があっても

苦しくて辛い生活であっても

就職や労働を選ばない

常に自由な時間を求め

自分らしい生き方

理解されにくいことかもしれないが

自分を生きる

今この喜びやヒラメキや縛られないことを優先する

好きなことをやり続ける

どうやって生活しているのか?

どことなく応援者がいる

それだけに魅力的な存在

引きつける何かがある

時折ストイックに長時間没頭するが

強制的な労働でなく

自分時間を堪能しているので苦しむことは無い

労働時間に苦しむと言ったことは無い

没頭している時間こそ幸せ

時間の概念も超越

趣味や大好きなことは誰しも同じ

ただ違うのは、自分の時間をできるだけ他人から支配されない

自由時間を選ぶ

経済より自由な自分がワクワクする方を選ぶ

クリエイティブを極めた人は働かない

働かないから何もしないでなく

自分の中から湧き上がってくるものに反応する

インスピレーション

ヒラメキ

感じたままに

思考せず

その一瞬にエネルギーを出す。

一年間湧き出ない

二年間何も出ない

そんな中でも自分時間を大事にする

心の毒も吐きだす

時折ヒステリック

どうしようもない暴言

それも人間の持つ光と闇

振り子の振りが大きいだけ

遊んで暮らす

リラックスを知っている

無邪気に生きる

子供のよう

非効率とも思える生き方は

決して非効率とは限らない

誰かの真似でなく

コピーでなく

全てが自分の内面から発生する

宇宙の空間に存在するインスピレーションと繋がる

お金はかからない

心地よいアルファ波の中でヒラメキは起こる

クリエイティブを極めた天才

天才といっているのは他人であり人の評価

天才と言われる人は自分を生きている

自分を100%生きている

リスクなど余り気にしない

洗礼されたアーティストは守られている

人生を楽しむ

悲しいこと

辛い出来事

すべてを受け入れて生きている

働かない?

働く概念の違い

脳や心や魂はいつも働いている

感じている

愛すべき存在

人間は全ての可能性を秘めている

素直に生きるか

世間の顔色を伺って生きるか

自分次第
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-30 06:30
e0337434_11351894.jpg


近代史

産業革命以来

欧米列強

工場生産

大量消費

拡大拡張経済

雇用支配と

雇用支配される側

近代の関係性

私達は子供のころから

教え込まれた教育

その価値

戦後から加速していった雇用

それまでは農業が主

自分のお家の畑で

自分の家族が食べる分を作る

トイレの肥えを

野菜にかけて微生物が土を元気にして

栄養価の高い循環農法

農薬などない

化学肥料などない

健康的な力強い栄養価の高い野菜を食べて

メタボや癌などほとんどない

欧米化?

GHQの支配下で激変した日本の農業や教育

戦争に負けて

すっかり骨抜きされ

いつしかひ弱な外交能力もない

決められない

優柔不断

コントロール支配される日本となってしまった・・・

戦後復興で果たした日本人の団結力

日本人の遺伝子には、イザとなるとまとまる

大和民族の結束

空気を読む

わびさび

その外国には無い国民性が開花

ただその後は行きすぎた?偏った?

現在では限界点とも言える様々な問題が噴出

軍拡・事件・事故・劣化・過労・ストレス・病・見えない将来

人口減少・食糧問題・自給自足率・水資源・領土問題・TPP・核武装

不正・政治不信・人間関係の崩壊・原発・放射性物質・汚染・地震

感染症・情報操作・為替・食の安全・外交・規制・いじめ・高齢化

医療費・薬漬け・薬物の蔓延・憲法改正・国体と国政の溝・倒産

生活保護・失業・監視・管理・借金・不法逮捕・国民ナンバー制・領土

臨界点に達している現代社会

現代人は過労

日本人はもっとおおらかだった

空気を読む力、優しさ、思いやり、近所との助け合い

外国からの訪問者たちは、日本人の素晴らしさに感服

芸術性に優れ

武士道精神があり

大和撫子なおひとやか

強さと柔軟さと、小食でも強い肉体

子供をたくさん産める体

社会全体で子供の面倒をみる

そんな良き時代は、戦後変貌し

気がつくと心も体も脳みそもコントロールされていった

近代日本の教育

科学以外は信じるな!

余計なことは考えず、ひたすら真面目に働け!

働けば働くほど幸せななれる!

経営者の言ったとおりにしておけば給料も上がる

右肩上がり

労働によって幸せが得られる

そう信じてきた

現実、高度成長でモノがあふれ物質的な豊かさ

交通の便利

食料品や家電など物質は充実

同時に公害

通らなくてはいけない便利

恩恵を受けたのは間違いない

働く時間が増えて自由な時間が減って

いつしか家族関係も激変

核家族や1人暮らし高齢化

他人に干渉しない

心の疲弊で心の病や自殺

これまで信じてきた常識や掟やルール

正しいと信じていた道徳

そのデタラメであった近代の常識が変わろうとしている

目覚めようとしている

目覚めかかっている

何かおかしい・・・

幸せとは?

政治主導?

置き去りにされた心

働き過ぎて、忙殺されて

日々を、ひたすら働き

自分を立ち止まることすらできず

余暇さえ罪悪感にかられ

自由な時間など皆無

お休みも最低限やることやって自分を見つめる時間すらない

人々に考える時間を与えない

考えるな、ひたすら働け

余計な事するな

言われたとおりにしろ

これは、もはや奴隷

人間の家畜化

少しのレジャーや趣味や遊び

自由な時間をワクワクしながら生きる

そんな時間は皆無

限界で病気

大らかな日本人はどこへ

芸術文化の発展は、豊かな自由な時間の中からでしか

発生しない

そのインスピレーションは

酷使された肉体や魂では受信できない

心の復活

魂の復活

芸術や文化

余暇の質の高いところは芸術文化が豊か

自由な発想

人間はみんなアーティスト

個性豊かにできている

同じ行動をしてロボットのように働き続ける

金力・権力・情報・武力・弾圧・規制・服従・個性の否定

自由に見せかけた奴隷化・家畜化

目覚めて

自分の本当の幸せとは?

ワクワク人生

お気楽自由人

自分の開放

今、とても必要と感じること

新しい幸せなで人間らしい生き方の時代

楽しく幸せに生きられるようになっている

自分時間を創りませんか?

再復活は日本人の精神性

もっとも有効な輸出できる崇高な精神を!
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-23 06:30

職場に潜む陰と陽で修行

勤労・勤勉e0337434_1132552.jpg

働く喜びは

最高のビタミン剤

心から幸せを感じ

世の中のお役に立ち

自分自身も喜びや

充実感がある

誰しも願う働き方

そして社会貢献や奉仕

時々は嫌なこともある

一日一度は

冷や汗をかくこともある

時にはドンマイ

仕事は、自分そのものが出る

隠しきれない

個性が皆あり様々

得意不得意がある

バランスのとれた助け合いの精神で乗り越えていく

給料以上に満足感がある

幸せなお仕事

自分に合う

自分が望む

達成感がある

分かち合える

協力できる

調和している

時間が経つのが早い

長時間働いても平気

ゆったりした時間と緊張の時間とのバランス

これほどまでに心地よい仕事が存在する幸せ

そのご縁

誰しも望む仕事

最高にかみ合う歯車

その計らいは経営者だけでなく

働く従業員の質の高さによって保たれる

人への愛がある。

一方で、

ダメだし

いじめ

無視

手柄の独り占め

否定

理不尽な責任転嫁

長時間過ぎる労働

失敗すら許されない

過酷なノルマ

不正

横領

切れる上司

思いやりの無い言葉

暴言

陰湿

教えない

伝えない

ネガティブ

笑顔が無い

接客態度が悪い

勝手

感謝が無い

産休も取れない

自分の意見を聞いてくれない

やる気が無い

いいアイデアを採用しない

派閥でややこしい人間関係

会話が少ない

休みを申請しづらい

様々なネガティブな職場環境での労働

誰しも

理想的な働く環境が欲しいと願っている

その環境つくりは人が発する意識

働く人々の中で1人でも空気を乱すことで

その職場は地獄絵と向かう

自分がその張本人でないか?

働く・労働・仕事のなかで起きる喜びと苦しみ

そこで学ぶ人間関係

毎日繰り返す基本動作と

社内みんなが共有する空気

快適な仕事を望む

しかし

いつもそうとは限らない

あの人がいると空気が悪い

今日は機嫌が言い

日々の中で怯えたり

呆れたり

困ったり

仕事に支障がきたしたり

ミスを連発したり

ケンカしたり

足の引っ張り合いをしたり

辞めていく人が絶えない

悲喜こもごも

職場に潜む光と影

全ての雇用された労働者に労いたい

良くなるのも悪くなるのも自分から発する

自分に降りかかった火の粉は

自分のフィルターを通過したら

浄化される

そんな存在であることが理想かもしれない

給料を頂き

報酬を頂き

生活のため

生計のため

家のローンや

子供の教育費のため

自分の将来の独立のため

人々は、葛藤と苦悩と、

時折の喜びの中で労働する

職場に潜む陰と陽

できれば働く喜び

お互いが協力し合って

調和した仕事がしたい

仕事の業務よりも、人間関係が厄介だ・・・

自分の姿勢を崩さない

崩されない

強い精神力が養われる

滝浴びより過酷なのは言うまでもない

皆様 ご苦労さま

私は、雇われない道をできるだけチョイスしたいだけ。

上に立つ者の仕事

それは、職場環境

緊張と怯えの中からは素晴らしい発想は起こらない

自然体に近い精神と肉体

経営陣は何よりも環境整備

売上だけではない

真似したくない!ピリピリ苦しい不自由人
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-16 06:30
自由な時間e0337434_11294694.jpg

余暇や休暇

退社や退職によって

起こった至福の時間

喜びもつかの間

なんだか落ち着かない

何かやっていないと苦しい

3カ月もすると限界

また働きたい

でも新しいところでは

通用しない

かといっても前の職場に

戻る訳にもいかない

アルバイト・パート・

臨時・派遣

何でも好し・・

働くのはいいこと

喜びを持ってお役割をこなしていく

働くことにしか自己重要感がない

存在すら危なくなる自由な時間の使い方

かえって自由な時間などいらない

ひたすら働く

家では嫁さんが不機嫌になっている

嫁さんのリズムも狂う

お互いがぎくしゃく

子供もぎくしゃく

ペットもなつかない

楽しみにしていた幸せな時間

余暇や自由

これまで自由な時間の使い方など考えてこなかった

考える必要もなかった

これからも考えるつもりはない・・・

働き・仕事をして自分の存在を見出したい。

勤勉で、仕事一本

仕事中毒

俺がいるからこの会社が回っている

俺が抜けた後など大変なはず

仕事をすることでの自分のより所

仕事=自分そのもの

働かないは怠け者

信じられない

前向きに再就職

これまでの自分を捨て新しい環境に適合し

喜びを分かち合って事に仕える

そうである場合は幸せで素晴らしい

ただ

働く時間だけが全てだけでは寂しさもある

人は多くのことを経験し

体験し

自分の想定しない出来事や

これまでに気がつかなかった自分を発見する喜び

仕事でしか自己評価が出来ない

自由な時間が苦痛

仕事の時間より自由な時間は耐えられない

その価値観

一抹の寂しさ

何か違うことへの挑戦

自由な時間を情熱を持って

その瞬間を楽しむ

自分で創り出す

大切なことは自分の内側から湧き上がるもの

ただの時間つぶしでなく

生きるための魂の喜びを大事にする

自由な時間がどうしていいのか分からない

自由な時間は怠け者の考え

働くことにこそ真なる価値

それも間違いでなく

それでよし。

生きる喜びは、自分としっかりと内観することによって

本当の自分が発見される

無理や我慢はいつかは病となっていく

真なる喜び

歓喜や至福

特に男性は陥りやすい

頑固で変われない

会社や団体での存在意識

共同意識の前に自分とは何か?

何が幸せなのか?

どう生きるべきか

働き蜂が理想なのか?

心の底からワクワクする時間

自由時間と仕事

自由を謳歌していた江戸時代

古代ギリシャやローマの哲学者は

経済的に余裕があってもひたすら働く現代人に

疑問を持つかもしれない

人生に満足

働かないことは自分の持つ内面的なエネルギーが必要

自由な時間を謳歌できる準備をする

自然体で自分を受け入れる

仕事を減らして

スローライフ

健康にも環境にも

自分や周囲にとっても優しい生き方

とってもエコで地球に優しいことかもしれない

強制ではない

心を開いて

宇宙でただ一つの命の軌跡を刻印する。

あなたは何者ですか?

「はい、弁護士です・・・」

「私は、調理師です・・」

「私は、税理士です・・」

いや、職業を聞いているのではありません・・・
[PR]
by wakuwakujiyuu | 2013-08-09 06:30